参加方法 Participation method

当団体への関わり方は以下の4通りあります

ボランティア

少年たちと年の近い若手スタッフだけでなく、受け皿となる大人が必要です。かかわり方は様々な方法があり事務・広報など年齢問わず活躍していただけます(支部ごとに事業・役割なども異なります)

 

個人寄附・会員

明確に制度の対象となっていない子ども若者は公的支援を受けられません。「保護」「支援対象」とならないことで、ときに「犯罪」や「非行グループ」が居場所となっています。できることから始めてみませんか?

 

法人・団体参加

制度や公的支援を受けられない子ども若者が増えています。当センターは2012年から路上やサイバー上といった新しいネットワークを作り、子ども若者のセーフティネットとなっています。どんな境遇であっても当センターのコミュニティで受け入れ、社会体験を通し、長期にわたり関係性をつくっています。またメディア掲載実績やホームページ閲覧数は非営利法人のなかでも群を抜いています。

 

職員・インターン募集

Link

Facebookで㊙情報公開中!「いいね!」で応援しよう!

 

東京支部

全国こども福祉センター東京支部http://kodom0tokyo.jimdo.com/

 

法人設立前の情報

旧ホームページ

2012~2013年の軌跡

http://k0domo.wix.com/kodo