活動内容

組織的なアウトリーチとコミュニティワーク

 社会福祉士・一般市民・青少年、大学生などが活動メンバーとしてかかわっています。アウトリーチによってつながった様々なバックグラウンドをもつ仲間との出会いの中で、異なる価値観、文化を持つメンバーが、それぞれが互いに関係性を構築しながら、ともにコミュニティ・仲間づくりの場を模索しています。

 また、メンバーそれぞれの課題意識に基づき、社会に「少しでも貢献したい」という気持ちに寄り添います。

アウトリーチについて

 待つ支援(施設型)機関・電話相談(緊急SOSダイヤル等)は複数あります。しかし、子どもが自分の困っていることを他者に分かるように言語化し、説明することは容易ではありません。

 子ども本人は「何に困っているかわからない」「説明できない」「不信感がある」ので、相談窓口まで行けないのであって、ニーズの掘り起こしをしてくれたり、伴走してくれる支援者(仲間)が必要です。

 

平成25年7月~27年1月中に路上での質問調査、講義の最中に質問とアンケート調査を行ないました。

 

SOSカードの実態調査結果

・持っていないと答えた者のうち「捨てた」が171名

・「(どこにあるか、捨てたかも)覚えていない」が78名

 

 以上のことから現状配られているカードの利用実態は、子どもに利用されにくく、非効率である部分も否めなく、さらにネットの普及により情報が溢れており、適切な支援機関とつながることも困難となっています。下記の図は困難を抱える子ども若者と支援機関の距離感を示した図です。

 

 社会生活で困難を抱えている子ども若者ほど、友達や家族等のインフォーマルな資源が乏しく、支援や制度から遠ざかります。ひきこもりであったり、反社会的な組織に所属する子ども若者たちを、そこから引き戻そうと努力するのですが、従来(待ち型)の支援機関では、支援者と利用者側が分かれていることで上下の関係が生まれやすく、矯正指導になりがちです。施設収容や枠組みによる支援が有効な子ども若者がいる一方で、その支援方法が合わない場合の対策がなされておらず、現状は風俗や性産業、犯罪行為がセーフティネットになっている場合も少なくありません。社会的養護のアフターケアでも当事者団体に所属できるような成功モデルは表社会に出て発言ができますが、実際は売春や風俗業などで生計を立てている女性が目立ちます。(これはアウトリーチ現場での本調査に基づき述べています)

 

 全国こども福祉センターでは従来の枠組みによる支援のみでなく、また「指導や更正」いきなり「支援」に繋ぐのではなく、まずは子どもたちとの関係性づくりを重視し、居場所への誘導、仲間づくり(伴走型支援)を目的とし、コミュニティづくりや「つながり」による支援を実施しています。

2014年~名古屋市子ども若者支援協議会に参加

2015年~名古屋市中川区社会福祉協議会地域福祉活動計画に参加

 

事業内容

①アウトリーチ・相談事業 

 当センターは従来とは違待たないスタイルで相談事業を行なっている。家庭や学校を居場所としない、できない子ども若者へのアウトリーチを行なっている。

 街頭パトロール(リアル)では「着ぐるみ」を活用したり、同世代のメンバーが前線に立つことで、相談へのハードルを低くしている。街頭で出会った子どもたちも毎週参加していることから、非行に代わる居場所になっている。

 また、SNSやコミュニティサイトなどを利用したネット(サイバー空間)でのパトロールを応用し、ネットでの介入と関係性づくりも並行して行なっている。

(実績)記録簿・配布物から計算

・27年度声かけ・対応 41889人

・26年度声かけ・対応 10692人

 

②居場所づくり事業

 孤立する恐れがあったり、非行傾向の子どもをコミュニティに迎え入れ、まずは小さな社会で役割を持ってもらう。街頭パトロールからの参加が半数を占め、27年度は2182名、26年度は1577名(のべ)が参加している。

 仲間(友達)を作り、複数の居場所が持てるようになると、やる気や目標を持つことができ、外(社会)へ出るきっかけとなる。バドミントン・フットサル・バスケットボールなどのスポーツをはじめ、ボランティアや保護者を対象としたコミュニティも運営している。会場は名古屋市内のコミュニティセンター・体育館などを活用している。

 

 

③まちづくり事業

 市内の行事に参加。地域の課題に取り組む商店街などと協働し、地域を盛り上げている。

 

④自立支援、シェルター事業 

 緊急性の高いケースに対応するため、一時避難が可能なシェルターを用意している。(2014年度利用実績:7名)

 

⑤その他(講演や啓蒙活動、政策提言)非行防止に関わる活動

 環境要因である社会へのアプローチ・発信事業や居場所へのアウトリーチ・コミュニティワークを柱としたアウトリーチ(直接接触型)研修を行っている。平成27年・平成28年度続けて愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会から後援を受け研修を実施。27年度は受講者は定員を超え12名が認定・7名に資格を授与した。その他非行防止に関する活動として、街頭でサンプリング配布啓発も行っている。また、講演会指導者養成などに力を入れており、全国各地で講演や研修を実施している。

 

 

アウトリーチと複数の居場所機能で包括的な支援

 アウトリーチによって繋がりをつくり、支援を受けられやすい関係性を築くことが、単発の処遇で終わらないポイントです。

 「街頭」から居場所へ、居場所から「ボランティア」へ。子ども若者を無理やり社会に引っ張り出しても、社会のなかで役割を見つけることができないと、自力で社会に出てくる意欲を持てません。継続的に社会に出て行くためには複数の居場所が必要です。

 

「支援される側」から「支援する側」へ

「支援する側」は無償であっても社会的な役割を任されていると感じます。未成年が多数参加する「ぷちスポ」居場所づくりについてなど

団体独自の取り組みをできる限り公開しています。活動実績を是非、ご覧ください。

 

未成年ボランティア・居場所総参加者数:延べ536人(2014年度) 

一般ボランティア参加者数:延べ1758人(2014年度)

 

【アウトリーチ・居場所誘導による効果の一例】

27年度愛知県警非行少年統計https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/shounenhikou/toukei/furyou.html

 

Link

Facebookで㊙情報公開中!「いいね!」で応援しよう!

 

東京支部

全国こども福祉センター東京支部http://kodom0tokyo.jimdo.com/

 

法人設立前の情報

旧ホームページ

2012~2013年の軌跡

http://k0domo.wix.com/kodo