講演依頼 Lecture request

実際に現場に出向くことを大切にしています。その際は、誘導的にならないよう、ゆるやかさな関係性のなかで本人のニーズを把握していきます。また、アウトリーチスキルを活用しながら社会調査を行い、子どもを取り巻く組織・支援団体の実態を把握しています。

 

キーワード:

・アウトリーチ・早期介入・ゼロ次予防・非行・犯罪・支援ポルノ・更生保護・情報リテラシー教育・サイバー(ネット)パトロール・サイバーストーカー・JKビジネス・SNS・貧困・社会貢献・居場所・性教育・コミュニティ・社会的包摂・社会的排除・格差・人権・深夜徘徊・制度の狭間・社会的養護・地域福祉・青少年健全育成・ひきこもり・ニート・いじめ・若年者(成人若年層)の虞犯(犯罪)予防・セーフティネット・ソーシャルワーク・社会資源・介護ポエム

 

 

過去の講演テーマ/依頼先など

(詳細は講師一覧へ)例:荒井和樹

・青少年支援の現状とアウトリーチへの誘い/東海学園大学管理栄養学科

・青少年支援の現状とアウトリーチへの誘い/西南学院大学社会福祉学部

・平成28年度愛知県「子育て支援員」研修(利用者支援事業:基本型)ジェノグラムとエコマップ、社会資源の活用とコーディネート

・地域でできる子ども若者支援 /三重県社会福祉大会

・「助けて」が言えない子どもたち~つながりの幻想と可能性 /チャイルドラインあいち公開講演

・ユースコミュニティの現状とアウトリーチ /北名古屋市子ども・若者支援地域協議会

・セーフティネットにかからない子どもたちへのソーシャルワーク /群馬県教育委員会

・路上とサイバー空間へのアウトリーチと居場所の必要性 /豊田市子ども部次世代育成課

・アウトリーチから見えてきた貧困 /愛知県江南市曼荼羅寺講演会 

・アウトリーチ(リアルとサイバー)空間から見えてきた現状と課題 /全日本アドバイザー連絡協議会(アドバイザー養成講習会講師) 

・貧困の連鎖を防ぐために知っておきたいこと /愛知県半田市主催子どもの貧困フォーラム(基調講演)

・アウトリーチから見えてきた課題〜居場所はどこに?溢れる情報と広がる行動範囲〜山梨県教育庁 /(やまなし青少年社会環境健全化推進会議)深夜外出を青少年の実態と防止への取り組み講演会

・無縁社会に生きる子ども・若者 /長野県長野県児童福祉施設連盟研修

・孤立させない、安心できる居場所づくり /大阪府委託事業(学生の視点で考える自殺予防事業)講演会

・社会のなかで居場所をつくりたい〜全国こども福祉センターのアウトリーチ(直接接触型)と居場所づくり〜難民化する子ども若者(立命館大学産業社会学部50周年記念学術企画)日本側シンポジスト/京都

・NPO法人ライトハウス人身取引被害者サポートセンター(子ども支援セミナー)講師/東京

・JKビジネスと関係性の貧困 /あいち貧困ネットワーク講演会講師 

・地域でできる子ども若者支援 /蒲郡市青少年センター 

・現代の青少年問題を考える /名古屋市立高等学校連絡協議会 

・つながりの危険性と可能性 /愛知県立中川商業高等学校人権講演

・豊橋市青少年健全育成の集い講演会 /豊橋市 

・子ども達の声を聴く〜アウトリーチの現場から〜 /三重県鈴鹿市

・JKビジネスと戦う前に知ってほしいこと~居場所のない中高生にどう向き合うのか~ /愛知県青少年育成アドバイザー連絡協議会

・その教育と支援行き届いていますか~置き去りにされた少年少女たち~ /名古屋市中川区人権尊重のまちづくり事業

 

その他・学校などでの講演

・光が丘女子高等学校(岡崎市)・愛知工業大学附属名電高等学校「ボランティアについて」(名古屋市千種区)・椙山女学園大学文化情報学部「NPOと社会」(名古屋市千種区)・椙山女学園大学大学看護学部「ボランティア論」(名古屋市千種区)・同朋大学社会福祉学部(名古屋市中村区)・日本福祉大学社会福祉学会児童分科会(名古屋市昭和区)・日本福祉大学社会福祉学部「児童福祉論」ほか

 

その他の対応テーマ

・社会のなかで「居場所」をつくる ・社会的養護のアフターケアの現状と課題 ・ひとりで街頭へ出ることから始めた保育士(NPOより依頼2014.2)・「着ぐるみ」に隠された思い(一般公開2014.6)(2014.7)・児童虐待について(一般公開2014.7)・愛知で広がるJKビジネス(一般公開2015.7)・戦争をなくすために今できること(一般公開2015.6)・刈谷市少年集団暴行事件について ・寝屋川中一殺害事件について ・大人の孤独と闇~加害者視点のアプローチの必要性~

・社会的養護を受けられない・受けようとしない子どもたち ・「居場所」について考える ・子どもの「性」の現状とJKビジネス ・格差を生み出さない「キャリア教育」とは ・アウトリーチ(直接接触型)とは?~子ども若者の居場所へアプローチする意義~ ・アウトリーチとコミュニティづくりを並行する理由 ・制度の狭間と向き合う「社会福祉士」を育てたい ・社会的養護の現状と課題 ~退所後ケアについて考える~ 

 

例:(左)群馬県教育委員会講演

実施日:2016年8月10日

講演時間:90分+質疑応答

対象:約200名

演題:セーフティネットにかからない子たちへのソーシャルワーク

 

講演アンケート(8月12日)結果

98%の参加者が「満足」「おおむね満足」と答えていただき、大変好評でした。

 

外部から依頼を受けた講演研修等の実績
PDFファイルをダウンロードすることによって誰でも閲覧できます。
講演研修・メディア掲載.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 286.9 KB
2015年12月11日蒲郡市講演会(チラシ)
蒲郡市チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 174.2 KB
2015年3月18日名古屋市中川区講演会(チラシ)
(名古屋市中川区まちづくり推進室)
★26人権チラシ(第3稿).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 419.2 KB

椙山女学園大学(2015年)

性教育フォーラム(2014年) 

未来を担う若き講師、人材養成

 中退者・高卒・大卒・専門職と幅広いメンバー。

 彼らが発信することで多世代の心を掴まえ、気付きを生み出します。 

当事者による講座など

 16歳…街頭やネットで徘徊していたとき彼女は何を抱え、何を思っていたのか。

 社会的養護出身の当時18歳の少年。7歳から児童養護施設で過ごすも、高校を数か月で中退。施設を出ることになる。退所後は実家に戻るが居場所がなく家出を繰り返す。就労や住居の確保ができず次第に困窮。15歳から同じ境遇に置かれた友達と、橋の下で暮らす経験を持つ。自身の経験を直接話することで、同世代の高校生たちに「メッセージ」を伝えている。

 公的支援・教育が行き届かない、青少年・当事者の声をリアルに聞くこと。そこに青少年問題解決に向けてのヒントが隠されています。

 

Link

Facebookで㊙情報公開中!「いいね!」で応援しよう!

 

東京支部

全国こども福祉センター東京支部http://kodom0tokyo.jimdo.com/

 

法人設立前の情報

旧ホームページ

2012~2013年の軌跡

http://k0domo.wix.com/kodo